Counter
ホーム はじめプロフィール履歴手術治療へ手術方法件数講座


アンンケート9
アンンケート8
アンンケート7
アンンケート6
アンンケート5
アンンケート4
アンンケート2
アンンケート1
昭和48年9月 北海道大学医学部卒業
昭和48年10月 北大脳神経外科入局
  故初代教授都留美都雄先生に憧れ同期4人と共に脳神経外科教室に入る

 越前谷幸平 小樽市にて越前谷脳神経クリニックを開業
 上山博康   旭川赤十字病院脳神経外科部長
 岸原隆    八戸市にて岸原病院開業(院長)
 野村三起夫 渓和会江別病院脳神経外科部長
昭和50年4月 旭川赤十字病院脳神経外科研修
    脳神経外科医として初めて勤務。救急,手術(ほとんどが助手),血管造影等の検査で非常に忙しかったが充実した期間であつた。冷静で手術が上手であつた高村春雄部長先生(現在退職し旭川の大雪脳神経外科整形外科病院で外来診療をしている)に出会い脳神経外科医の真髄を教えられました。
昭和51年4月 北大神経内科研修(6か月間)
    外科的治療対象以外の多くの神経疾患を学ぶ。脳神経外科医は神経内科医に信頼されなければならないと痛感しました。患者さんに優しく臨床を大事にしている田代邦雄講師(当時)(その後初代北大神経内科教授に就任,昨年3月に退官)に出会えて良かったです。
昭和51年10月 秋田脳血管研究センター放射線科研修(1年間)
    生まれて始めて北海道以外の土地で生活した。他大学出身の医者,他科(神経放射線科)の先生との仕事は新鮮で放射線診断の基礎が築かれた。
昭和56年5月 北海道大学歯学部放射線科助手(1年間)
    当時講師であった宮坂和男先生(現北大放射線科教授)のもとで脊椎脊髄疾患の放射線診断を学ぶ。
昭和57年4月 室蘭日鋼記念病院脳神経外科勤務
   脊椎脊髄外科の手術を伊藤輝史脳神経外科部長(北大初代脊髄班チーフ)(現在,札幌麻生脳神経外科病院の外来勤務)から教えられた。
昭和58年4月 北海道大学医学部脳神経外科助手
   岩崎喜信講師(現北大脳神経外科教授)と共に北大脳神経外科脊髄班の一員として活躍した。
昭和60年4月 北海道大学医学部脳神経外科講師
昭和61年10月 アメリカフロリダ大学脳神経外科留学
平成元年10月 釧路労災病院脳神経外科部長
現在に至る  
末尾
Copyright 2004 Isu All rights reserved.                page_top