Counter
 
ホーム はじめプロフィール履歴手術治療へ手術方法件数業績講座


アンンケート8
アンンケート7
アンンケート6
アンンケート5
アンンケート4
アンンケート2
アンンケート1

<
平成30年1月28日 平成29年度 手術件数     
 

平成29年度の釧路労災病院脳神経外科 脊椎脊髄、末梢神経外科手術の内訳

   昨年度の脊椎脊髄手術件数は88件、末梢神経手術件数は62件でした。



  末梢神経手術件数は、徹底的にブロック治療を行っていること、手術適応を
  厳格化しているためか減少傾向でした。また、昨年度は重篤な手術合併症を
  経験しませんでした。
   昨年2月にテレビで仙腸関節障害が紹介された影響か、釧路管外から多くの
  腰痛患者さんが受診されました。(図1参照)



  患者さんの中には、初診時に外来でブロックをしてくれ、ブロック治療をすれば
  腰痛は直ちに消失すると思って受診された患者さんもいました。本当の話をすると
  (外来で患者さんに渡している触れてわかる腰痛の資料を参照)、
  がっかりして治療を受けず、帰られた患者さんもいました。テレビを信じて私
  の外来を受診されたと思います。仙腸関節障害による腰痛患者は少なく、多くは、
  上殿皮神経障害や中殿皮神経障害による腰痛でした。
  治療を受けるかどうかは、私の診察を受けてから決めた方が良いと思います。
  テレビだけを信じてはいけません。
  
   昨年度過去6か月間の腰痛患者初診者数は183件でしたが、その28%は釧路
  管外でした。その内、札幌管内は43%と多かったです。腰痛で苦しんでいる
  方が非常に多いことが推測されます。遠方から来た患者さんの多くは、腰椎術
  後例(多くは有名病院で手術された金属固定例)、原因不明例で精神疾患と診断
  されていました。



  また、平成21年から昨年末まで、過去9年間の末梢手術件数
  (1178件)、内容を図で示します。




末尾
Copyright 2004 Isu All rights reserved.                page_top