Counter
ホーム はじめプロフィール履歴手術治療へ手術方法件数講座


アンンケート9
アンンケート8
アンンケート7
アンンケート6
アンンケート5
アンンケート4
アンンケート2
アンンケート1
釧路労災病院脳神経外科部長

         井須豊彦
 
                             

  ―背骨を切らずにしびれ、痛み、腰痛を治す神経外科医を目指してー

 私は、脊椎脊髄外科を志して、30年が過ぎました。釧路労災病院脳神経外科に平成元年に赴任後、新しい低侵襲手術(Williams−Isu法、硬膜外層のみの切除による大後頭孔部減圧術等)を開発し、英文でまとめ、普及活動を行って来ました。また、患者さんとのインフォ―ムドコンセントを重視し、患者さんに納得していただく医療を行い、多くの患者さんや家族から感謝され、脊椎脊髄外科の道を志して良かったと思っています。しかしながら、どんなに素晴らしい手術法を開発しても、長時間、熱心に誠意をもって説明し納得していただいても、手術後につらい症状が出現した時には、手術ミスのためこんな状態になったと攻撃を受けたことがありました。脊椎脊髄手術は、どんな名医が行っても一定の確率で不都合なことが起きる<体に負担の大きい手術>だと実感しています。そろそろ、脊椎脊髄外科から卒業する年齢になったのかもしれません。患者さんに負担の大きい脊椎脊髄手術を行うには、手術技量が優れているだけではだめで、理不尽な患者さんや、家族と対峙出来る精神力や外科医を支えてくれるスタッフの協力が不可欠です。
 今後は、長年、培って身についた高度な手術の技量(顕微鏡下の手術)や患者さんとのコミュニケーション能力を発揮できる末梢神経疾患に特化した神経外科医を目指そうと思っています。とりわけ、腰痛を呈する上殿皮神経障害、中臀筋障害、梨状筋症候群、仙腸関節障害等の末梢神経疾患を治療できるチームを作りたいと思っています。末梢神経の手術は、体に負担が少ない手術です。中高齢者の神経外科医には最適な手術かもしれません。将来、末梢神経手術が脊椎手術にとって代わる日を夢見て (将来、脊椎変性疾患に対する腰椎手術はなくなるかもしれません)、<中高齢な神経外科医よ大志を抱け>を合言葉に、今後も頑張りたいと思っています。


初版の「はじめに」
 
釧路労災病院脳神経外科部長

         井須豊彦
  
  医者になってから早いもので約30年が経ちました。最初の10年では先輩からいろいろなことを教わり脳神経外科について勉強させていただきました(手術,診断等)。次の10年はライフワークとなった脊椎脊髄外科の治療,研究に専念した期間でした。最近の10年はどのような治療をすれば,しびれ,痛みを呈する脊椎,脊髄疾患の患者さんが満足していただけるかを追求した期間だったと思います。今後の10年は(?)。近年,患者さんが医師,病院を選択する時代ですが,皆さんはどのような基準で選択していますか。脊椎脊髄疾患の手術では専門医が手術をしても数%の合併症が見られるものであり決して安全な手術ではありません。自分の人生を変える可能性のある術者のことをもっと知りたくないでしょうか。
 治療を受けてから他の医師に治療を受ければ良かったと後悔しないことが重要です。今回,脊椎,脊髄外科医である自分を紹介する目的で自分のホームページを開設しました。
末尾
Copyright 2004 Isu All rights reserved.                page_top